フランスガム社 aki kobayashi インフォメーション      イラスト、文章の無断使用・転載をお断りします
by francegum
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
チョコレートのお話
モロゾフさんのバレンタインチョコレート
HEARTYシリーズのパッケージデザインをさせていただきました。
お取り扱い店舗情報がないのでちょっと分からないのですが
ネットショップなら確実かと
(と思っていま確認したら在庫切れに!)
すみません、どこかで出会っていただけたら嬉しいです。
去年の傾向によると、通常店舗ではなく
バレンタイン特設コーナーにありやすいかと思われます。


恋人に、だんな様に、息子さんに、ご兄弟に
職場の人に 秘かに思いを寄せるあの人に
ちょっとだけ気になるアイツに
愛しのあの方に  ぜひ、おひとつ


写真こちらにご紹介しておきます。
(光っていたり暗かったり相変わらずマズくてすみません)

今年はどこかの誰かの、旅の想い出、四季 です。
これを考えるのは楽しくて
わたしはもうその場に飛んでおりました。
いますっとんで行きたいのは、もちろんこの海岸です。

まずはピンク
秋は巴里かどこかの街
街を歩けば沢山のきれいなものが溢れ
彷徨いながらも娘は自分にとっての大切なものを見つける、はずです。
d0120991_2243225.jpg

そして黄色
夏はポルトガルかどこかの海岸
一日の終わりにぼんやりと海を眺め
今日もいい日だったななんて思えるならばそれが最高の人生、です。
d0120991_22444869.jpg

それから緑
春はフィンランドかどこかの森
花を摘む少女たち
記憶の中の出来事か、はたまたこれは幻か
そんな現実があったとしても素敵じゃないかと思います。
d0120991_22454097.jpg

冬はウイーンかどこかの街
雪の降るとても寒い晩
人々はなにを思い過ごすのでしょう
空からしずかに舞い降りる雪は
人々の喜びも、憂いも、すべて優しく見守ってくれているのかもしれません。

こちらは缶なので
食後もあんなものやそんなもの入れてお楽しみいただけましたらと。
d0120991_22455664.jpg


最後にアソートボックス
すべての想い出を
大切に飾った壁がこれ
d0120991_224661.jpg


それでこちらがその中身
こんな風にチョコレートとシールにもプリントがあります。
d0120991_22462169.jpg


モロゾフさんのチョコレート
いうまでもなく美味です。
こちらのシリーズはお酒が入っていないので
お子様にも運転中のあの方にもよろしいかと。
どうぞよろしくお願いいたします!
by francegum | 2015-01-31 00:34 | お知らせやお仕事
<< チョコレートのお話 お取り扱い店 あたらしい年と光の記憶4 >>