フランスガム社 aki kobayashi インフォメーション      イラスト、文章の無断使用・転載をお断りします
by francegum
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
お知らせやお仕事
日記のようなもの
珍道中
映画のこと
音楽のこと
おはな詩
フランスガム社のこと
フォロー中のブログ
最新の記事
展示のお知らせ 『時』
at 2017-11-18 23:18
展示のお知らせ
at 2016-12-25 16:37
展示のご報告や影絵劇場
at 2016-03-01 13:29
掲載物などなど
at 2016-03-01 13:21
展示のお知らせ レクイエム
at 2015-12-27 20:17
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
more...
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusso..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://oo-pa..
from oo-parts BLOG
[雑記] ガム×ず対談&..
from Hurry, Hurry, ..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
d0120991_2237285.jpg

週末 打ち合わせでいただいたサンプルのコサージュ
生花でできているので 寿命は1日
最近気に入りで
いつも連れ回しているうさこバッグの耳につけました。
そしてその日は 
メイクアップをしていただきました。
これまでお化粧にはまったくと言っていいほど
興味のなかったわたし
鏡の中のいつもと違う自分にびっくり
sumakoさんのスーパー・テクニックの魅惑に
すっかり気持ちを持っていかれました。
自分ではなかなかできないけれど
お化粧への心持ちがとても変わりました。
その後はみんなでおいしいイタリアンを食べた後
sachikoという魅惑のソウル・バーへ連れて行っていただきました。
この年になると
新しい世界へ足を踏み入れる機会は
だんだんとなくなってくるもので
見知らぬソウルの世界はとても新鮮でした。
聞く名前聞く名前 知らず
聞く曲聞く曲 知らず
しかも すごくかっこ良く思えました。
と いうのもこのお仕事 前回から
sachikoのマスターのおすすめ曲を聴いて
そこからわたしが勝手にイメージした絵を描くという
楽しいページがあるのです。
ソウルなんてアツいもの大丈夫かしらー
と思っていたけれど
わたしもだいぶ年を重ねたようで
そのいわゆる魂 が受け止められるようになったみたいです。

たのしかった
いろいろ扉がひらいた日
魅惑のお化粧品はこちらより
ボゥ・ベル・サンテ
by francegum | 2008-11-05 23:33 | 日記のようなもの
<< 再生 掲載誌のお知らせ >>